PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > ギター用語集
ギター用語集

●ベース/bass

音楽における低音、低音パート、もしくは低音を出すために製作された楽器のこと。ウッド・ベース(コントラバス、ダブルベース、アップライト・ベース)、エレクトリック・ベース、ベース・シンセサイザーなど様々なバリエーションがある。

●ベース弦/bass string

ベースに使用する弦のこと。

●ベース・ギター/bass guitar

音楽における低音、低音パート、もしくは低音を出すために製作された楽器のこと。ベースは低音専用に特化したギターのバリエーションという考えで、主にエレクトリック・ベースを指す用語。ベースと同意語。

●ベース・シンセサイザー/bass synthesizer

シンセサイザー音源をコントロールできる機能を持ったエレクトリック・ベース、またはベース・パートを演奏することを主な目的としたシンセサイザー類のこと。

●ベア・クロウ/bear claw

スプルース材の極一部に見られる特殊な杢の愛称。年輪を横切るような複数の縞模様の杢が、熊の爪痕を彷彿させることから付けられたネーミング。近年一部の高級アコースティック・ギターのトップなどに使用されている。

●鼈甲/amber

赤道近海に生息する大型の海ガメ(タイマイ)が持つ甲羅、またはその色やパターンのこと。アコースティック・ギターなどの弦楽器では、昔からピックガードやピックなどに使われてきたが、現在はほとんどベッコウ柄のプラスティック素材を代用している。

●ペグ/peg

弦を巻き取る(引っ張る)ことでチューニングを行う弦楽器の主要パーツ。チューナー(tuner)、マシンヘッド(machine head)、糸巻きと同意語。

●ペグ・ノブ/peg nob

ベグのツマミ部分の名称。金属やプラスティックの他に、エボニーや貝、人工樹脂など様々な材質がある。ペグ・ボタン、ツマミと同意語。

●ペグ・ヘッド/peg head

弦楽器のネックの先端にあるチューナーを取り付ける部分の総称。メーカーやモデルによって様々なデザインや個性が感じられ、ブランドの顔に相当する部分でもある。ブランドロゴやモデル名、シリアル・ナンバーなどが記されている場合が多い。ギターのヘッドストック(headstock)同意語。

●ペグ・ヘッド・プレート/peg head plate

ヘッドストックの化粧板、ヘッドベニア、突き板と同意語。

●ペグ・ポスト/peg post

ペグの弦を巻きつける軸の部分のこと。ストリング・ポスト、巻軸と同意語。

●ペグ・ボタン/peg buttn

ベグのツマミ部分の名称。金属やプラスティックの他に、エボニーや貝、人工樹脂など様々な材質がある。ベグ・ノブ、ツマミと同意語。

●ペダル・スティール・ギター/pedal steel guitar

スティール・ギターのひとつ。専用スタンドを取り付け、各弦をベンドするためのシステムを搭載した大型のスティール・ギター。カントリーやハワイアン・ミュージックなどでよく使用される。

●ヘッド角/headstock angle

ネックに対してヘッドストックが取り付けられている角度のこと。フェンダー系のギターはほとんどヘッド角を持たないが、ギブソン系のギターの多くは、14°〜17°のヘッド角を持っている。

●ヘッドストック/headstock

弦楽器のネックの先端にあるチューナーを取り付ける部分の総称。メーカーやモデルによって様々なデザインや個性が感じられ、ブランドの顔に相当する部分でもある。ブランドロゴやモデル名、シリアル・ナンバーなどが記されている場合が多い。

●ヘッド・ベニア/head veneer

ヘッドストックの表面に貼り付けられる化粧板。突き板、ヘッド・ベニア、ペグヘッド・プレートと同意語。

●ヘッドレス/headless

特殊なギター/ベース・デザインのひとつ。チューナーを取り付ける部分であるヘッドストックを持たない構造。スタインバーガーのギター/ベースに代表される仕様として知られる。チューナーはボディ・エンド部分に搭載される。ギター/ベース本体の長さを弦長に近く設定できるため、コンパクトなギター・デザインが可能となる。

●ヘビー・ゲージ/heavy gauge

スチール弦において、弦の太さを表す用語のひとつ。一般的にヘビー・ゲージ、ミディアム・ゲージ、ライト・ゲージ、エクストラ・ライト・ゲージと分けられる。同じエクストラ・ライト・ゲージでも、メーカーによって弦の太さが異なる場合がある。

●ベネチアン・カッタウェイ/venetian cutaway

アコースティック・ギターのボディ・カッタウェイ・デザインのひとつ。ギブソン・スーパー400やL-5に代表されるホーンの先端が丸くなった形状で、ラウンデッド・カッタウェイとも呼ばれる。頂部が尖った形状のものはフローレンタイン・カッタウェイ、またはポインテッド・カッタウェイと呼ばれる。

●ベリー・ブリッジ/belly bridge

アコースティック・ギターのブリッジ・デザインの名称。1〜6弦の幅に対して中央部分が膨らんでいる形状で、1930年代からマーティンで採用された。現在では最も一般的なブリッジといえる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。