PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > ギター用語集
ギター用語集

●ピーエー/p.a.

ライブやイベントなどで、大衆へ音を伝達すための音響システムの総称。ミキシング・コンソールを中心としたスピーカー、アンプ、ケーブル類などを指す。本来はパブリック・アドレス(Public Address)の略だが、現在はプロフェッショナル・オーディオ(Proffesional Audio)という解釈もある。

●ピー90/P-90

1940年代に登場したギブソンの代表的なシングルコイル・ピックアップのモデル名。ハムバッキング・ピックアップが開発されるまでの間、同社の多くのエレクトリック・ギターに搭載された。独特なサウンドとデザインから、現在でも人気がある。

●ヒール/heel

セット・ネック仕様のギターのボディ側ネック・エンド部分にあるブロック状の突起部分のこと。ネックとボディのジョイントをより安定させるための機能を持っている。

●ヒール・キャップ/heel cap

セット・ネック・ギターのヒール部分に付けられた薄い装飾用ボードのこと。

●ヒールレス/heel less

ギターのボディ裏ジョイント部分にあるヒールを持たない特殊なデザイン、構造のこと。

●ピエゾ/piezo

圧電素子のこと。特殊なセラミックス(結晶)に圧力や振動を加えると出力する特性を持つ素材、またはその特性を利用して考案されたアコースティック・ギター用ピエゾ・ピックアップのこと。

●ピエゾ・ピックアップ/piezo pickup

圧電素子(ピエゾ)を使用したピックアップのこと。弦振動によって起こる圧力の差を利用して電気信号に変換する構造で、アコースティック・ギターなどに広く使用されている。マグネチック・ピックアップが使用できないナイロン弦ギターなどにも使用が可能。

●ビグスビー・ビブラート/bigsby vibrato

ポール・ビグスビーによって開発されたアルミニウム製ビブラート・ユニット。50年代半ばからグレッチ・ギターに搭載されていることで広く知られている。

●ピッキング/picking

指やピックで弦楽器の弦を弾く行為。

●ピッキング・ハーモニクス/picking harmonics

特殊なギター奏法のひとつ。ピックを短く持って弦を勢いよく弾くことで得られる“キーン”という倍音を利用したギター奏法。ロック、ハード・ロックなどで広く使用されている。

●ピック/pick

弦楽器を演奏する際に、弦を弾くために右手に持ったり指に付けて使用する小物。平らなフラット・ピックや親指に装着するサム・ピック、親指以外の指に装着するフィンガー・ピックなどがある。近年はデザインや素材が異なる様々なタイプが販売されている。

●ピックアップ(P.U.)/pickup

エレクトリック・ギターのマイクの役割をする主要パーツの名称。弦振動から微弱な電気信号を生み出す装置で、主に磁石とコイルから作られる。ギター弦の振動が、磁石とコイルによって生み出された磁界を乱すことによって、微細な電気信号が発生し、それをアンプで拡大して音に変換する。

●ピックアップ・カバー/pickup cover

ピックアップを保護するためのカバーのこと。一般的には金属やプラスティックで製作されている。

●ピックアップ・キャビティ/pickup cavity

エレクトリック・ギターのボディ構造に関する用語のひとつ。エレクトリック・ギターにピックアップやアッセンブリを装着させるために、ボディに開けられた空洞部分のこと。

●ピックアップ・セレクター/pickup selector

エレクトリック・ギターに登載された複数のピックアップの中から、使用するピックアップを選択するためのスイッチ。

●ピックアップ・ボビン/pickup bobbin

エレクトリック・ギターのピックアップを構成する主要パーツのひとつ。コイルの中央にある棒状もしくは板状の永久磁石(または磁化された鉄芯)。ポールピースと同意語。

●ピックアップ・ワインダー/Pickup Winder

ピックアップを製作する工程で、コイルをボビンに巻き取るための装置。

●ピックガード/pickguard

ピッキングによってボディに傷が付かないように、ボディを保護するためのガード。クラシック以外のアコースティック・ギターやエレクトリック・ギター/ベースには予め取り付けられているモデルが多い。フラメンコ・ギターの場合は、同じ目的のガードをゴルペ板と呼ぶ。

●ピック・ギター/pick guitar

ジャズなどで使用されるアコースティック構造のアーチトップ・ギターの総称。一般的にボディにf型のサウンドホールが空いている。アーチトップ・ギター、ジャズ・ギターとほぼ同意語。

●ピック・スクラッチ/pick scratch

ギター奏法のひとつ。ピックの縁の部分を巻き弦にこすりつけ、効果音を出す演奏テクニックのこと。ピック・グリスとも呼ばれる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。