PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > ギター用語集
ギター用語集

●ネック/neck

弦を張り、弦を押し当てて音程を作り出すための弦楽器の主要パーツ。一般的にメイプルやマホガニーなどの木材から製作される。基本的に弦の当たる側には指板がセットされるが、初期のフェンダー・テレキャスターのように、ネックが指板を兼用し、ネックに直接フレットがセットされるものをワンピース・ネック(one-piece neck)と呼ぶ。

●ネック・アングル/neck angle

ボディに対するネックのセット角度のこと。フェンダー系ギターの多くはアングルが付いていないが、アーチトップ・ギターやフラットトップ・ギターなどはアングルが付いている仕様が一般的。

●ネック・デイト/neck date

ネック・エンドやジョイント部裏など通常見えない部分に、作業者が作業を終了した日付などを示した記録。ペン類やスタンプ、刻印などで記されている。

●ネック・ピックアップ/neck pickup

複数のピックアップを有するギターのネック側に搭載されたピックアップのこと。ブリッジ側に搭載されたピックアップはリア・ピックアップ、またはブリッジ・ピックアップと呼ばれる。フロント・ピックアップと同意語。

●ネック・プレート/neck plate

ボルト・オン・ジョイント・タイプのギターで、ボディとネジの間に挟み込まれる金属製のプレートのこと。ブランド名やモデル名、シリアル・ナンバーなどが書き込まれているものもある。

●ネック・ブロック/neck block

アコースティック・ギターのボディとネックをジョイントさせるために、ボディ内部に設置される接合用の木製ブロックのこと。

●ネック・ポケット/neck pocket

エレクトリック・ギターのボディ・デザインや仕様を表す用語のひとつ。ボルトオン・タイプのギターにネックを装着させるために、ボディ・ジョイント部に施される窪み加工。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。