PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > ギター用語集
ギター用語集

●テール・グリーン・メタリック/teal green metallic

フェンダーが使用したカスタム・カラーのひとつ。ややダークなブルー・メタリック。1965〜69年に使用された。

●ティー・バースト/tea burst

チェリー・サンバーストの褪色が進み、紅茶のような色合いになったサンバースト・レスポール、またはその色のこと。

●ディープ・ジョイント/deep joint

ヴィンテージ・レスポールのネックとボディのジョイント方法で、ほぞ(テノン)の部分が長く、フロント・ピックアップの下あたりまで深く入り込んでいる仕様のこと。強度と安定性に優れている。

●ティアドロップ型/teardrop

涙のしずくをイメージさせるデザインを採用したフラットピックの総称。三角形のピックはオムスビ型と呼ぶ。

●ティアドロップ・ピックガード/teardrop pickguard

マーティン・ギターに代表される滴型のピックガード。最も一般的なデザイン。

●テイク/take

レコーディングの時に使用される録音順序のこと。最初のレコーディングがテイク・ワン(ファースト・テイク)、2回目がテイク・ツーとなる。

●ディケイ/decay

アタック直後の減衰音のこと。ディケイ・タイム。一般的に、音の発生から消失までを、アタック/ディケイ/サステイン/リリースの4パートで捉える。

●ディスコンティニュード/discontinued

製品の生産が終了したこと。生産中止。

●ディストーション/distortion

エレクトリック・ギターのサウンドに歪みを与えるためのアタッチメント、またはそれらが作り出すサウンドのこと。オーバードライブよりさらに歪ませた激しいトーンを指す。ハード・ロックを始め、ロック系ギタリストには定番のエフェクターとなっている。

●テイルピース/tailpiece

ギター・パーツのひとつ。弦をボディに固定するために取り付けられているもので、様々な形状や材質のものがあり、ソリッド・ギターの場合は主に金属製。そのデザインや素材、構造などによってサウンドやサステインが変化する。

●ディレイ/delay

音が遅れて聞こえる音響効果、またはそれを作り出すための楽器用アタッチメンドのこと。主音を時間をずらして再度鳴らすことで、山びこのような効果を作り出す。

●デカール/decal

フェンダー・ギターのロゴマークなどに使用されている転写シールのこと。

●デジタル・ギター/digital guitar

ギター・コントローラーもしくはギターを模したデザインのコントローラーと、デジタル音源を持つ電子楽器のこと。弦振動をトリガーとしてデジタル音源をコントロールするタイプから、弦に見立てたスイッチでデジタル音源をコントロールするものなど、いくつかのタイプがある。

●デジタル・モデリング/digital modeling

アンプやスピーカー、ピックアップなどのサウンドや特性をコンピュータによってシミュレートしてリアルに再現すること。

●テスター/tester

電圧計、電流計、抵抗の測定等に装置。アナログ・タイプとデジタル・タイプがある。

●デタッチャブル・ネック/detouchable Neck

フェンダー・ストラトキャスターなどのように、ボルトや木ネジでボディに固定するタイプのネックのこと。金属製のジョイント・プレートを介して接合されることが多い。ボルト・オン・ネックと同意語。

●鉄弦/steel string

金属製の弦。エレクトリック・ギターをはじめ、多くの弦楽器に使われるが、元来ギターに使用する弦はスティール製ではなく、動物の腸(ガット)などが使用されていた。スティール弦と同意語。

●デッドストック/dead stock

売れ残り商品、不良在庫のこと。

●デッド・ポイント/dead point

ギターのフレット位置やピックアップ、アンプなどの関係で、波長が合ったもの同士が互いに干渉し合い音が小さくなったり詰まった音に聞こえる現象のこと。またはそのポイント。

●テナー・ギター/tenor guitar

4弦仕様のギター。アコースティックとエレクトリックのモデルがある。50〜60年代には数多くのモデルが存在したが、近年はあまり見かけない。チューニングは低音側から“C-G-D-A”の5度チューニングが基本だが、これとは異なるチューニングで使用している演奏者もいる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。