PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > ギター用語集
ギター用語集

●ダイアモンド・ボリュート/diamond volute

ネック裏側のヘッドストックの付け根部分にあるダイアモンド型をした突起のこと。マーティンのD-28などの仕様として知られる。

●ダイオード/diode

電流を片方向にのみ流す半導体部品のこと。トランジスタも半導体だが、ダイオードは特にこのような片方向に電流を流す目的のものを指す。歪み系エフェクターなどの心臓部とも言えるパーツ。

●タイガー・ストライプ/tiger stripe

ギターなどの弦楽器に使用されるフィギュアド・メイプル材のひとつの杢パターン。トラのように細長い杢目が幾重にも重なって見える銘木で、レスポール・スタンダードなど高級ギターのボディなどに使用され人気がある。

●ダイナミック・トレモロ/dynamic tremolo

トレモロ・ユニットのひとつ。フェンダー社が開発し、ムスタングなどのエレクトリック・ギターに採用されている。シンクロナイズド・トレモロと違い、弦を裏通しせず、フローティング状態のテイルピースに通す構造。そのためシンクロナイズド・トレモロより滑らかかつ激しい動きが可能だが、チューニングの安定度に優れていないなどの問題点もあり、ストラトキャスターなどにマウントされることはなかった。

●ダイナミック・レンジ/dynamic range

最強音と最弱音との比のこと。一般的には音圧比をデシベルで表す。

●タイム・マシン/time machine

フェンダー・カスタムショップが製作するヴィンテージ・ギター/ベースのレプリカ・シリーズのひとつ。モデルによっては幾つかのバリエーションがある。それぞれのモデルに、ニュー・オールド・ストック(NOS)/クローゼット・クラシック/レリックの3タイプの仕上げがある。

●ダイレクト・ボックス/d.i.(direct box/direct injection box)

電気楽器・電子楽器の出力信号を、直接電気回路から分けて取り出すためのアダプター。略してD.I.、ダイレクト・インジェクション・ボックスとも呼ばれる。

●ダウン・ストローク/down stroke

ギターでコードなどを弾くとき、弦を6弦側から1弦側にかけて弾き下ろす一連の動きのこと。対語:アップ・ストローク。

●ダウン・チューニング/down tuning

通常より、全ての弦を同じく下げたチューニングのこと。半音下げチューニングから、全音下げ、1音半下げなど、様々なダウン・チューニングがある。ラウドなサウンドを求めるギタリストたちに広く愛用されている。

●ダウン・ピッキング/down picking

ピックを上から下へおろして弦を鳴らす弾き方のこと。あまり速弾きには向かないが、しっかりとしたトーンになる。対語:アップ・ピッキング。

●多弦ギター

6本以上の弦を持った特殊なギターのこと。エレクトリック・ギターとして7弦ギターはポピュラーだが、クラシック・ギターでは8弦、10弦、11弦ギターなどもある。12弦ギターは、複弦を持った6弦(6コース)ギターと考えるのが一般的。

●多弦ベース

4本以上の弦を持ったベースのこと。近年で5弦、6弦ベースはポピュラーな存在と言える。

●ダコタ・レッド/dakota red

フェンダーが使用したカスタム・カラーのひとつ。濃い赤。1958〜69年に使用された。

●タッチ・ノイズ/touch noise

フィンガーリング・ノイズの一つ。弦に指が触れる時に発生する音、弦がフレットに当たる時に発生する音。

●タッチ・ハーモニクス/touch harmonics

特殊なギター奏法のひとつ。左手で押さえたポジションから、5、7、12フレット位置を軽く右手で触れた状態で行うハーモニクスのこと。ナチュラル・ハーモニクスのように音程が限られることがないので、慣れればメロディを弾くこともできる。

●タッピング/tapping

アコースティック弦楽器を製作する過程で行われる作業で、ボディ・トップ材などのトーンを確認するために行われる。サウンドボードやブレイシングを軽く指で叩いて出た音で、それらの素材が持つトーン・キャラクターなどを調べる作業。

●タッピング/tapping

指板上で弦を叩くギター奏法のこと。右手でのハンマリング・オンによって演奏するテクニック。ライト・ハンド奏法とも呼ばれる。

●タッピング・ハーモニクス/tapping harmonics

ギター奏法のひとつ。ハーモニクスがでやすいポイント(開放弦の場合5、7、12フレットなど)をタッピングしてハーモニクスを出す奏法。

●ダッドガッド・チューニング/dadgad tuning

変則的なギター・チューニングのひとつ。6弦からD/A/D/G/A/Dに設定したチューニングで、近年アコースティックのフィンガーピッキング・ギタリストなどに愛用されている。

●タバコ・バースト/tobacco 'burst

ダーク・バーストの褪色のパターンのひとつで、色味が濃い茶色に変化したフィニッシュや色合いのこと。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。