PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > ギター用語集
ギター用語集

●コーティング弦

90年代後半に登場した特殊加工された弦の種類。高度なポリマー・コーティング技術により、ワウンド弦を汗や体の油分、汚れから守り、腐食を防止することで、張り替え当初の高音質を長持ちさせるギター弦。近年エリクサーを始め、マーティン、ダダリオ、アーニーボールなど各ブランドから発売されている。

●コード/chord

和音のこと。複数の音が、同時または続けて鳴ることにより導き出される響き。コード・シンボルという略記法を用いてコードの配列を示すことが多い。

●コード進行/chord progression

曲、あるいは曲の一部分におけるコードの並び順のこと。コード・プログレッションとも呼ばれる。

●コード・ストラミング/chord strumming

ギター奏法のひとつ。コードを掻き鳴らすようにする演奏。コード・ストロークとも呼ばれる。

●コード・ストローク/chord stroke

ギター奏法のひとつ。コードを掻き鳴らすようにする演奏。コード・ストラミングとも呼ばれる。

●コード・プログレッション/chord progression

曲、あるいは曲の一部分におけるコードの並び順のこと。コード進行と同意語。

●コーラス/chorus

楽器の音を加工するためのエフェクターのひとつ。周期的なピッチの揺れを伴うディレイ音を原音に重ねることで、うねりを伴うユニゾン効果が得られるエフェクター。6弦ギターで12弦ギターのようなサウンドを手軽に作り出せる。
合唱のこともコーラスと呼ぶ。

●ゴールド・トップ/gold top

ゴールド・カラーを採用したボディ・カラーのこと。1952年に発表された、ギブソン初のソリッド・ボディ・エレクトリック・ギターであるレスポール・モデルに採用されたボディ・カラーとして広く知られている。または、ゴールド・フィニッシュのボディ・トップを持つレスポール・モデルの総称。

●ゴールド・プレーテッド・ハードウェア/gould-plated hardware

ゴールドにメッキされた金属パーツのこと。

●ゴールド・メタリック/gold metallic

フェンダーが使用したカスタム・カラーのひとつ。鮮やかなゴールド・カラー。1958〜59年に使用された。

●コイル・タップ/coil tap

ピックアップやコイルを途中から分けて使用すること。ハムバッキング・ピックアップの場合、2つのコイルのどちらか片方だけを使用できるようになっているのが一般的。また、シングル・コイルでもタップが可能なピックアップもあり、その場合コイルの途中からタップ線を出すことによって、フル・コイルのターン数の多いパワーのあるサウンドと、コイルの途中までのターン数の少ない歯切れの良いサウンドの両方を選択することができる。

●高音弦

高い音域にチューニングされる弦のこと。ギターでは最も細い弦から順に1弦、2弦、3弦のこと。対語:低音弦(6弦〜4弦)。

●合板/plywood

何枚かの薄木材を張り合わせて作った板材のこと。外観上美しく、強度に優れ、ソリッド材よりも安価であるため、比較的低価格帯のギターのボディなどで広く使用されている。一般的に音響特性はソリッド材より劣るが、エレクトリック・アコースティックなどの場合、あえて合板を使用することでトーン・コントロールを行うモデルも少なくない。ラミネート材、プライウッドとも呼ばれる。

●コピー・モデル

複製品のこと。歴史的な人気モデルなどを他のブランドがリアルに複製して製品化されたモデル。日本では、近年オリジナル・ブランドの知的財産を保護する意味合いでかなり姿を消している。

●ゴルペ奏法/golpe

ギターのボディ・トップを指で叩いてリズムを刻む奏法のこと。

●ゴルペ板/golpe board

フラメンコ・ギターのサウンドホール周囲に貼られた薄い保護用ボードのこと。ボディを叩くゴルペ奏法などの際にボディ・トップを保護する目的で取り付ける。

●コレターズ・エディション/collectors edition

ギター・マニアやコレクターなどこだわりを持ったユーザーに向けてデザインされたスペシャル・モデルの総称。

●コレクターズ・コンディション/collector's condition

ヴィンテージや中古ギターの販売やオークションなどで使用されるギターの状態を現す用語の一つ。オリジナル仕様、外観が美しい、レアな製品など、ギター・コレクターが収集するに相応しい内容の良いコンディションという意味だが、感覚的な意味合いも強い。

●コンサート・モデル/concert model

フラットトップ・ギターのボディ・サイズを表す言葉のひとつで、一般的にはかなり小型のサイズ。マーティンのO(シングル・オー)、またはそれと同じサイズのギターの総称。コンサート/O、グランド・コンサート/OO、オーディトリアム/OOOまたはオーケストラ・モデル/OM、グランド・オーディトリアム/OOOOの順に大きくなる。

●コンター/contour

ギター・デザインに関する用語。ギターが演奏者の体にフィットするように、ボディ・トップ/バックの一部を曲線を用いてカットする仕様、デザイン。基本的にはソリッド・ギターの仕様だが、近年は一部のアコースティック・ギターにも採用されている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。